蜂の巣が……

昨日の「執着しない」の原稿を書き終わった後のことを書きたいと思う。

 

今日の午前中、教会の若い男の子たちに草むしりを頼んだ。

 

彼らはキャンプに行くための資金を自分たちで働いて、お金を貯めている。

 

毎年、お願いをしている。

 

そのときに蜂の巣を発見してくれた。

 

危ないので後で駆除することにした。

 

買い物のついでに蜂用の強力なスプレーを買ってきた。

 

それを見た次男が
「お母様、安全はお金で買うべきものです」と力強く言うので「なるほど」と思っていると、さっさと業者を調べて電話をすると言う。

 

そして、その日のうちに来てもらうことになった。

 

防護服に身を固めた業者が、蜂を駆除してくれた。

 

お会計は………

 

5万4千円也

 

家中にあるお金をかき集めて払った。

 

 

なんだか、ちょっと笑ってしまった。

 

出て行くものは出て行く。

 

お金に執着しない。

 

 

はい。

 

ホントにこんな感じに予期せぬ出費がある。

 

でもね、やっぱりあんまり気にならないんだよね。

 

「蜂の巣がなくなって良かったなぁ」って感じ。

 

 

思考って変わるんだね。

 

以前はお金のことで、ビクビクしてたのに、54000円給料日前に飛んで行っても平気でいる。

 

きっと、子どもたちが次々自立して、責任が大分軽くなったこともあるのだろうけど……

 

この変化に自分でも驚いている。

 

 

干渉されない

 

 

 

 

 

 

 

 

それと、私のお金の使い方で、夫に干渉されることはない。

 

結婚して間もない頃、夫は言った。

 

「100万円以下の買い物は勝手にしていい」

 

うちが特にお金持ちというわけではない。

 

夫は私を信頼してくれている。

 

そういうことなのだ。

 

ちなみに、私はずっとカードも持っていなかったし、ケチだったし、お金をバンバン使うことができなかった。

 

そういう私だからこそ言えたのかもしれないけど、稼いだお金を一瞬で使ってしまう子にも何も言わないし「放っておけ」って言ってるから、夫はそういうところがかなりおおらかなのだと思う。

 

そして、私は長いことかかって、お金のブロックを外し、お金のことが気にならなくなった。

 

 

夫は子どももコントロールしないし、私のこともコントロールしない。

 

コントロールされなければ、ちゃんと行くべきところに行けるんだね。

 

 

あー、またコントロールの話になっちゃった(。> <。)

 

 

 

子育てがハッピーになるヒント