病は気から

 

「心配事があって、そのことを考えていたら胃がキリキリ痛くなってきたのよ。そのときに思ったの。こんなことで胃が痛くなるのは嫌だ。それで、私の胃は痛くならない❗️そう思ったら、胃は痛まなくなった。すごいのよ〜」

 

友だちが嬉しそうに話してくれた。

 

つまり、決意すること。

 

「私の胃は痛くならない」

 

むかーしから「病は気から」って言葉があるけど、あれは本当だ。

 

 

「自分を愛して!―病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ 」

 

この本を読むとそれがよく分かる。

 

 

インフルエンザになりません

 

 

 

 

 

 

 

ケントがインフルエンザで熱が軽く40度を超えたので、頼まれてクリニックに連れて行った。

 

車は密室。

 

そのとき、私は友だちの言ったことを思い出した。

 

それで、口に出して宣言した。

 

「私はインフルエンザになりません❗️」

 

もちろん、そのためのケアはしている(予防注射はしませんが)

 

だけど、あえて宣言と言うか決意したのだ。

 

私はインフルエンザにならない。

 

とりあえず、元気で過ごしている。

 

色々な場面で決意するってことは出てくる。

 

でも、病気はしょうがないかな?と以前のわたしは思っていた。

 

でも、学んでいくうちにそうではないと分かってきた。

 

どうにもならないこともあるのかもしれない。

 

それでも、自分を普段からメンテナンスして「私は元気でいる」決意する。

 

 

思考が鍵。

 

 

私は結構ひどい花粉症だ。

 

なので、今年は「花粉症になりません」と決意して、できることをしてみようかな?

 

 

実験のつもりでやってみよう(((o(*゚▽゚*)o)))♡