決意すれば実現する

えっちゃんがよく言うことの一つに「決意する」ってのがある。

 

人は決意したときに、それは可能になる。

 

「あなたは何を決意しましたか?」

 

えっちゃんは問いかける。

 

私は、この「決意する」っていうことがあまりない。

 

いつも、ぼやーんとしている。

 

そのぼやーんとしている私が、今まで2回、はっきり決意したことがある。

 

1回目は「私は本を書く」だった。

 

2回目は「2冊目の本を書く」だった。

 

しかも、「出版社から出す」だった。

 

1ミリも、自費出版は考えなかった。

 

日本中に流通するには出版社から出す必要があった。

 

普通のおばちゃんが大それたことを考えたものだ。

 

だけど、必ずできると信じていた。

 

 

えっちゃんの言うとおり、それは実現した。

 

夫は私と出会ったとき、18歳だった。

 

その18歳の大学に入ったばかりの夫(もちろん、まだ夫じゃなかったけど)は私に言った。

 

「オレは社長になる」

 

私も「あー、この人は社長になるな」と思った。

 

疑ったことはなかった。

 

そして、40代半ばで夫は社長になった。

 

夫は言った。

 

「なりたい奴はみんな社長になるんだよ。ただ、なりたいと思うやつは少ない」

 

 

決意さえすれば実現する。

 

私の決意

 

 

 

 

 

 

 

そして、私はようやくはっきり決意した。

 

今まではなんとなく、「そうできたらいいな」という思いだった。

 

 

「私は、日本中全ての都道府県に講演で行く」

 

ありがたいことにリピーターさんが多いため、行くところにはよく行くが行っていないところは多い。

 

行ったところは半分。

 

つまり、行っていないところも半分。

 

 

行っていないところを書いてみよう。

 

佐賀  大分  熊本  宮崎  山口  徳島  奈良  三重  和歌山  滋賀  福井  富山 岐阜  新潟  茨城  福島  新潟  山形  秋田  岩手

 

ところが、私が決意したら、まだ行っていない佐賀と徳島から依頼がきた。

 

私は全国で講演がしたい。

 

できれば、息子を連れて行きたい。

 

「発達障害はオレの強みだ」と言い切るケントに会ってほしい。

 

 

堀内、決意しました。

 

 

全国に行きます\(^o^)/

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内