痛い〜 痛い〜

 

朝、洗濯物を干していたら、小さな女の子の泣き声が聞こえてきた。

 

「痛い〜 ウェーン 痛いよ〜ウェーン‥」

 

「痛かったねー 大丈夫、大丈夫‥」

 

女の子はお母さんに抱きしめられている。

 

たったそれだけの光景を見て思った。

 

痛いときに「痛い」って泣けて、一番信頼している人から「痛かったねー」って共感してもらって「大丈夫」って抱きしめてもらう。

 

こういうことを繰り返していたら、子どもは人を信頼できるおとなに成長するのだろう。

 

痛くても放っておかれたり「あなたが不注意だからころんだんでしょ❗️」って冷たく言われたりしたら子どもは悲しい。

 

そんなことを繰り返していたら、もう「痛い」「悲しい」って言わなくなる。

 

言えば、言うほど傷付くもの。

 

子どもが幼いときに親と愛着を築くことは本当に大切なこと。

 

これが築かれていないために、おとなになっても不安だったり、自信がなかったり、心にぽっかり穴が空いてしまっている人が多いと感じる。

 

 

なんでも痛い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孫ちゃんは「痛い」とよく言うらしい。

 

肉体的に痛いときだけでなく、悲しいときも「痛い」って泣くらしい。

 

孫ちゃんにとっては両方痛いことなんだね。

 

「痛い」って言う度に大好きなママに抱きしめてもらう。

 

その安心感。

 

そういうものが人としてのベースを築いて行く。

 

 

「万引き家族」の最後の情景がまた、目に浮かんで、苦しくなっているんだけど、

 

 

だからこそ

 

 

「子育て♡ぎふてっど」やって行きたい。

 

 

子育てぎふてっど

☆ビジョン
・子育てをハッピーに

☆理念
・全ての親を笑顔に!
・全ての子どもをハッピーに!

そのために、
・安心できる場所
・楽しい場所
・つながれる場所
・情報を得られる場所
を提供します