給食

 

 

 

 

 

 

 

学校給食の牛乳をやめたところがある。

 

それはどこでしょう?

 

「京都」

 

古都、京都は実は革新的。

 

私は京都に3年間住んだ。

 

そのときに感じたことは、京都は保守的ではなく革新的だということ。

 

色々なところでそれを感じた。

 

新しいことをどんどん取り入れる。

 

給食もパン食からご飯食を中心にしている。

 

味噌汁や漬物を給食にたくさん出す。

 

さすがお漬物のおいしい京都。

 

そして、発酵食品を毎日摂ることの大切さも理解している。

 

つまり、子どもの食が重要であることが分かっているゆえの改革だ。

 

それをやってのけるところが京都のすごいところ。

 

前にも書いたが、千葉県の南房総市は、パン食をすっぱりやめて、ご飯食にしたら、暴力事件がなくなったそうだ。

 

教育委員会の方は子どもの食に対してもっと関心をもって、調べてほしい。

 

それと同時にお母さんたちも、もっともっと要望していけば、変わってくるのではないかと思う。

 

給食は3回の食事のうちの1回。

 

家で、どんなに頑張っていても、給食に牛乳が出され、パン食だったら辛い。

 

私の知り合いで、給食の問題で公立の学校に行くことをあきらめ、お弁当であるインターナショナルスクールを選んだ方がいる。

 

そのくらい、食を重要に考えているわけだ。

 

でもうちみたいに子どもが多かったら、そういうことも難しい。

 

 

だから、学校給食

 

 

もう少し、なんとかなりませんかね(^_−)−☆