屋根裏スッキリ

昨日は、次男に手伝ってもらって、屋根裏に入れてある物を大々的に断捨離した。

 

だいたい、屋根裏にあるってことは普段使わない物が入っている。

 

断捨離するにはもってこいの場所だ。

 

独身時代に来ていた着物とか、ずっと使ってないクリスマスの飾りとか……

 

たくさんの物を処分した。

 

その中に、ずっと前のおっそろしく苦しかった出来事に関わる物が大量に出てきた。

 

触れないほど悲しいものだった。

 

それを迷うことなく捨てることができた。

 

屋根裏、つまり頭の上にそういういらないものが、ずっとしまわれていたわけだ。

 

それを取っ払うことができた。

 

 

そしたらね

 

三男がずっと抱えていた懸案事項が終わった。

 

大きな講演依頼がきた。

 

今までも、そういうことがたくさんある。

 

 

断捨離を一緒にお勉強した人たちとグループラインを作っているんだけど、そこで色々と分かち合う。

 

励まし合う。

 

それで、ついでに言えば私は他にあるグループラインにも断捨離について書いたコラムとかシェアしているので、断捨離をする人がどんどん増えてきた。

 

それで、スッキリする人もいる。

 

フライパン一つでも

 

 

 

 

 

 

 

断捨離は心のもちようとも深く関わっているから、部屋がきれいになると、思考にも良い影響がある。

 

この辺のところが一番大切だと感じている。

 

今、辛いことがあって身動きとれないくらいしんどかったら、キッチンに行って、ずっと使ってないフライパンや鍋を捨てるだけでもいい。

 

どうにもならないことは、ちょっと置いといて、1年間一度も来ていない洋服はリサイクルショップに待って行く。

 

きっとね、どんどん軽くなるから……

 

それで、スッキリした頭で考えると、ものごとはシンプルだって気付く。

 

すると、自分が進むべき方向、そして、今何をしたら良いかが分かる。

 

友人の悦子 チデスターさんがグループラインに、こんな投稿をしてくれた。

 

一部を本人の許可をもらって引用する。

 

「結局人は物質的な行動が精神的な行動になるのです。
ですから断捨離をすると精神面や思考の面での断捨離が同時に起こるのです。

この地上では肉体と霊が一つとなって存在しているので、霊でやることを肉体でする必要があるのです。……」

 

 

そういうことなのね。

 

やっぱりつながってるわ(^_-)-☆