ユニークな特技

内定はもらったもののまだ、就活を続けている次男。

 

今日、最終面接に行って来た。

 

その話がちょっとおもしろかった。

 

履歴書の特技の欄に次男が書いたことが、面接官の目に止まったようだ。

 

特技
ルーティンワーク
創意工夫

 

面接している方は、「長いこと面接をしているけど、こういうことが、特技の欄に書かれているのを初めて見た」とおっしゃったそうだ。

 

 

次男が初めてアルバイトしたのは、高校生の時。

 

郵便局の年賀状の仕分け。

 

そのルーティンワークを黙々とこなし、郵便局の方から、来年もぜひ来てほしいと言われた。

 

翌年も行くと、その方が飛んで来て、嬉しそうに固い握手をしてくださったそうだ。

 

一心不乱に間違いなく仕分けを行うことは、次男には難しいことではなかった。

 

その集中力は多分、抜きん出ているのだろう。

 

また、大学生の時、◯◯パンでは、いかに早く、間違いなく、楽にできるか絶えず考えて、それを周りの方にシェアした。

 

その時の話を具体的に面接官に話したそうだ。

 

そりぁー、面接官の目は輝く。

 

 

特性を生かす

 

 

 

 

 

 

 

次男は他社の内定について聞かれた時に、「内定があり、そこに行くつもりなので、御社は第一候補ではありません」と正直に答えたそうだ。

 

面接の時に「御社が第一候補です」と答えなければ、落とされるらしい。

 

ところが、その日のうちに合格の連絡が来た。

 

「いったいどういうことでしょう?」と次男が言うので、

 

「あなたが魅力的で、どうしてもほしいと思っているのか、よっぽど人が足りないのかどっちかでしょうね。まぁ 両方の場合もあるだろうけど……」

 

というわけで、就活に苦戦していた次男だか、ありがたいことに選べる立場になった。

 

両方共大きな会社で、それぞれ魅力があるようだ。

 

どっちに行っても次男は気持ち良く働けるように思う。

 

私が嬉しいのは、両社共、次男の良さを分かって、採用してくださったことだ。

 

それにしても

 

特技

 

ルーティンワーク

 

創意工夫

 

なかなかいい

 

 

こういう書き方はいかがなものかと思いつつも……

 

自閉症スペクトラム症の特性として、ルーティンワークは得意だと思うし、ADHDは創意工夫は得意だと思う。

 

つまり、次男はその特性を強みとしてアルバイトに生かしてきた。

 

もちろん、次男自身のすばらしい特性だ。

 

 

「自分の良さを生かして社会で働く」

 

 

次男も、もう少しのところに来ている。

 

 

さぁ 羽ばたいてください\(^o^)/

 

 

 

エッセンシャルオイルで「母と子の感情ケア」