朝のアメブロをアップした後に、表紙の画像が送られてきました。

 

 

実は、この写真はケントが仕事の後に、友だちの家に寄ったとき、友だちのお父さんが撮ってくださったものです。

 

 

そのため、ケントは作業着のまま(*☻-☻*)

 

 

しかし、いつものケントそのものだったので、わたしはこの写真がとても気に入っています。

 

 

ちなみに友だちのお父さんはプロのカメラマンです。

 

 

おまけに、ケントは友だちのお父さんとお母さんが大好きで、結婚したい彼女をわたしより先にそちらに連れて行きました。

 

 

そういう関係なので、あんな自然な表情になったのでしょう。

 

 

タイトルもサブタイトルも、ケントがいつもいう言葉。

 

 

いかにもケントらしい言葉です。

 

 

それをそのまま、タイトルにしました。

 

 

この本を書きながら、あらためて、わたしは子育てで苦労しながらも、ケントのポジティブな思考の影響を多大に受けてきたのだと思いました。

 

 

脳にはクセがありますから、そのクセを直すのはなかなか大変なことです。

 

 

しかし、なんせずっと一緒に暮らしてきたのですから、影響は否応なく受けます。

 

 

「大丈夫、大丈夫、心配すんな。
どうせ。先のことは分かんねーんだから、良いこと想像しとけ」

 

 

そういう言葉に随分と助けられてきたのです。

 

 

元気になりたい方はぜひ、お買い求めくださいね。

 

 

今週中ににアマゾンのキンドル本として発行の予定です。

 

2222講演会

お申込みフォーム

http://lalacream.com/z2tl

 

常総市

お申込みフォーム

https://forms.gle/u1FHvdq6vAuCRQGJ9

 

ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ(無料)

メルマガでは、かなり不思議なわたしの子ども時代について書いています。

こちらは子育てのヒントになるエピソード満載です。

よろしければ、ぜひご登録くださいね。

■登録用URL

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

 

堀内祐子の書籍

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ