ありがたいことに、わたしには割りとはっきり言ってくれる友だちが何人かいる。

 

 

もちろん、共感もしてくれるけど、ちょっと違っていたら、それをちゃんと自分の思いとして伝えてくれる。

 

 

そういう友人の存在はありがたい。

 

 

だって、わたしのことをどうでも良いと思っていたら、ろくに考えもせず、「良いと思うよ」と言っておけば簡単だ。

 

 

話をしっかり聞いた上で、自分の考えを率直に伝えてくれるわけで、そういうとき、「大切にしてもらっているなぁ」とありがたく思う。

 

 

これは、友だちとの関係だけでなく家族も一緒。

 

 

面倒くさくても、やっかいでも、反発されても言わなければいけないことは言う。

 

 

あきらめない。

 

 

それが家族だと思う。

 

 

 

最近、ちょっとケントに相談したことがあった。

 

 

ケントはめんどくさがりだけど、人のことではしっかり向き合う。

 

 

頭の回転が早いからやることも、考えをまとめることも異様に早いんだけど、いつも的確。

 

 

それで、ちょっと困っていたことが、ケントのアドバイスをもらって良い方向に動き出した。

 

 

つくづく、相談する相手は選ぶ必要があると思った。

 

 

 

長年ご相談を受けているが、その中の多くの方は色々なところで相談したり、カウンセリングを受けても、なぜか責められたり、かえってモヤモヤしたりして、なんのために相談に行ったのか分からなくなるとおっしゃったりする。

 

 

それで、なんとかネットで見つけてわたしのところにやってくる。

 

 

しんどそうなお顔を笑顔に変わってきたら、わたしの役割は終わり。

 

 

誰に相談してもすっきりしない方、下記の子育て♡ぎふてっど 堀内祐子のオフィサルサイトに講演やご相談のお申込みフォームがありますので、必要な方はご覧になってくださいね(o^^o)