ケントの本質

東京体育館でのケントの講演。

全て質疑応答だから、講演と言っていいかどうか分からないけど……

なんか、明るいエネルギーが満ちたステキな時間だった。

参加した友人が「一瞬で、会場全員がケント君ワールドに引き込まれましたね」とメッセージをくれた。

 

ホントに力が抜けて、それでいて希望の光がキラキラして、あったかな空気に包まれた不思議な空間だった。

結婚して親になったことで、今までとちょっと違う、バージョンアップしたケントが見られた。

 

話はさかのぼるが、子どもの頃にケントは熱を出して具合が悪くなると、すごく良い子になった。

 

優しくて、穏やかで、素直で……

トゲトゲしたものが全て取り払われ、本人も楽そうだった。

具合が悪くて、激しいエネルギーがダウンしている感じ。

 

そういうケントを見るたびに私は思った。

ケントの本質はこうなのだろう。

それが、普段は脳の交通整理がうまく行かなくて、渋滞したり、追突事故が起きたりして、イライラするんだろうな。

 

それで、私はケントに聞いてみた。

 

「元気な時のケントはいつもイライラして大変そうで、熱があるときはすごく穏やかで楽そうに見えるけど、ケントはどっちの方が楽なの?」

かなり、変な質問だ。

ケントは答えた。

「元気な時のイライラも辛いし、熱があるときも身体はしんどい。だから、両方しんどい」

 

その答えを聞いた時、切なくなった。

 

「両方しんどい」

 

そうだろうな……

 

でも、とにかくケントの中にある、なんか分かんないけどすごく良いものの存在はずっと感じていた。

 

ケントが伝えたいこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日電話で話した友人は、やたら記憶力が良い。

それで、何年か前の言葉を覚えていたりする。

10年位前に私が講演の中で言ったことを覚えていた。

「ケント君がジュノンボーイに応募したのは、発達障害があったって、ハッピーに生きられることをみんなに伝えたいからだって」

残念ながら、私はケントがジュノンボーイに応募したことは覚えていたが、ケントのその言葉はすっかり忘れていた。

 

彼女は言った。

 

「ジュノンボーイではそれは叶えられなかったけど、ケント君が今していることはまさしく、それをみんなに伝えていることだと思う」

 

ケントはずっとずっと前からそれを多くの人に伝えたかった。

 

昨日も発達障害であることをどう思っているかって質問があった。

 

「アスペは200人に一人だろ。そっちの方がレアでいいじゃん。むしろおれは10万人に一人くらいの方が良かった。普通じゃ嫌だ」

 

「本体がつえ(強)ーに決まってんじゃん。発達障害なんかただのオプションなんだよ」

 

ケントが言い続けていること。

 

「親が幸せでさ、子どもに見せてやりゃーいいんだよ。おとなになったらこんなにいいことあるんだぜ。こんなに幸せなんだって子どもに教えてやんなよ」

 

ケントの魂は真っ直ぐで美しい☆☆☆

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内