衝撃のプレゼン

 

研修中の次男。

 

4月末に行われる催しのグループのリーダーを決めるジャンケンで勝ってリーダーになってしまった。

 

そして、他にもグループでの発表の発表者を決めるときのジャンケンでも勝って発表することになった。

 

全員グーで、一人パーを出して勝ったらしい。

 

「神さまがあなたがやりなさいと成長の機会をくださっている感じです」ということらしい。

 

同期が66人いる中で、次男はとてもまじめでそんなに目立つことはないようだ。

 

ところが、次男の2分半という短い発表が皆さんに衝撃を与えたらしい。

 

11グループ中、ダントツの1位になった。

 

そりゃー、散々講演をしてきたのだから、次男にとってはなんでもないことだった。

 

多分「何者?」という感じなのだろう。

 

皆さん、ギャップが激しくて戸惑ったことだろう。

 

その後、同期の中で次男を知らない人はいなくなった。

 

そのおかげでたくさんの方に声をかけてもらっているようで、なんとなく打ち解けて話せるようになったとか‥‥

 

催しもののリーダーも最初は苦しんでいたが、考えて考えて、こちらも良い感じに進行中。

 

 

成長した

 

 

 

 

 

 

 

ついでに言えば、高校、大学と週の真ん中の水曜日を完全に休みにすることでなんとかやって来たのが、さすがに社会に出たら月曜日から金曜日まで毎日通勤。

 

疲れからヘルペスも出たのに、母の知恵でエッセンシャルオイルの入ったクリームをつけたら、良くなって、結局休むことなく毎日通えている。

 

自分でも驚くほどの成長を遂げているようだ。

 

研修中であるため、毎日たくさんのことを学んで来て、感じたことを話してくれる。

 

話は全然変わるが、同期の人のニャンと暮らす率は高いようで、しかも15匹、7匹、5匹‥‥

 

わが家の3匹は完全負けている。

 

なんだか心優しい人たちに囲まれて、毎日「今日も楽しかったです」と帰ってくる。

 

そして、心なしか社会人の顔になって来た次男。

 

 

しかし、この後どんでん返しが‥‥