大失敗

 

次男の入社式の朝

 

「お母さま、スーツはどこにあるのでしょうか?」

 

「マヨネーズのシミのときにクリーニングに出して、そのままになってる。
どうしよう?
取りに行くの忘れてた。ごめんね」
(もちろん、すごく焦ってます)

 

すると次男は静かに言った。

 

「このところのお母さまはとてもお忙しかったのですから仕方がないですよ。
暇にしていた私が取りに行けばよかったんです」

 

 

結局、三男が成人式のときに作ったスーツがあったので、ちょっときつかったけどそれを着ることになった。

 

次男は「ありがたい」と言って着替えていた。

 

 

後ろ姿を見ながら

 

 

 

 

 

 

 

スーツ事件が勃発する前に、次男は朝食を食べながらしみじみと「私も随分と成長したと思います」と言った。

 

もう学生ではないということがちょっと寂しそうだったけど、社会人になった誇らしさみたいなものを感じているようだった。

 

大好きなココアを飲んで出かけた。

 

その後ろ姿が見えなくなるまで見ていて、色々な思いがわき起こった。

 

4人の中で一番多動だった次男、交通事故や落下事故も一番多かった。

 

何度も不登校になり、高校も変わった。

 

それでも大学を無事に卒業し、社会人となった。

 

本当に次男はよく成長した。

 

 

晴れやかな気持ちと、感謝の気持ちを感じながら後ろ姿を見送った。

 

 

胸がいっぱいになった。

 

 

次男の前途に幸あれ💗