私、アトピーでした

私は、子どもの頃、アトピーだった。

家族の中でたった一人、アトピーだった。

おまけに小学校の頃から花粉症だった。

その頃は花粉症という言葉もなかったけど、春になると鼻詰まりで苦しんだ。

幸い、顔には湿疹は出なかったが、手足はかなりひどくて、汁が出るほどだった。

昔はタイツではなく、靴下止めなどを使っていたので、アトピーでグズグズの皮膚と靴下がくっついてそれをはがすのが、痛くてたまらなかった。

学校では、アトピーのことで、からかわれた。

だけど、それよりかゆいのは辛かった。

 

ところが中学になって、部活でバスケットをするようになると、アトピーは少しづつ良くなってきた。

完全には良くならないけど、大分楽になった。

 

そして、結婚して子どもが生まれたら、4人全員がアトピーに喘息だった。

夫もアレルギー体質だし、夫婦そろってアレルギーなので、子どもがそうなるのは仕方がないか……

 

だけど、喘息がプラスされている。

 

そして、プラスと言えば、発達障害もプラスされていた。

 

経験と理解

 

 

 

 

 

 

 

話をアトピーに戻すと、自分も子どももアトピーだったから、健康に関することに氣を使うようになったのだと思う。


洗剤
食べ物
化粧品
ストレス……

 

発達障害のことだって、困って、困って、勉強した。

それでいろんなことが分かった。

いろいろな方と知り合うことができた。

 

なってみなけりゃ分からないことって、やっぱりあるし、経験って大きい。

 

アトピーだって、発達障害だってあんまり、プラスには捉えられないことだと思う。

 

でもなんだかそういうものが、私の人生を豊かにしてくれたように感じている。

 

よく、「ガンになって本当に良かった」っておっしゃる方がいらっしゃるけど、ホントにそう感じておられるのだと思う。

 

周りからは、大変そうに見えたり、気の毒だなぁって思われるかもしれないが、本人はそれにしっかり対峙することによって、平穏な生活の中では得られない、大切なプレゼントをもらっていたりする。

 

だから、私は子どもたちが、みんなアトピーに喘息、発達障害でも、アンラッキーだと思ったことはない。

 

まー 大変だし、アトピーや喘息で苦しむ子どもたちを見るのは辛いけど……

 

それでも、自分が経験した分、同じような思いをされている方の痛みが少し分かるってことは、良いことだと思う。

 

経験は「理解」する助けをしてくれるから(*^^)

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内