くどくど イライラ

夫は気が短い。

 

私がくどくど説明するとイライラするようで決まってこう言う。

 

「結論を先に言え!」

 

結論を聞いてからなら、私の「くどくど」もまぁ、聞いてくれる。

 

いつしか私は物事を伝えるときに「結論から先に言うね」と言って、話し始めることが多くなった。

 

着地点が先に分かっていた方が安心して聞けたりする。

 

 

つい先日、ケントにいきなり呼び出された。

 

ケントは、困ったことがあっても結婚してからは私に頼ることはあまりない。

 

しかし、そのときは電話がかかってきて、すぐに来てほしいと言う。

 

求められれば喜んで飛んで行く。

 

そして、到着して開口一番私が言ったことは「あなたはどうしたいの?どっちにしたいの?」だった。

 

ケントは「おふくろ、いきなりそこから来んのかよ」と言いながらも自分の気持ちを言った。

 

そして、ケントのしたい方向に向けて話し合いが行われ、実りあるものとなり、めでたしめでたしとなった。

 

着地点があいまいなまま話し合っても、不毛になったりする。

 

もちろん、どうしたらよいか分からないときもあるからそのときは、話し合いながら気持ちが整理されて、その結果どうしたいかわかる場合もあるけれど……

 

 

私はどうしたいの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは自分で考えるときにも役に立つ。

 

けっこう、頭の中がぐちゃぐちゃでパニック気味のとき、「私はどうしたいの?どうなりたいの?」と自分に問いかける。

 

「子どもと仲良くしたい」とか、「子どもに幸せになってもらいたいのよ私は……」とかその辺の気持ちを分かった上で考えて行くと、「じゃー今私はどうすればいいのか?」が案外、簡単に分かったりする。

 

 

子育てするときにも、めあてがあれば、迷ってもそこに戻ることができる。

 

 

話しを元に戻すと、特に発達障害の子(人)はくどくど話されると「何を言ってるのか分かんない!」ってことになりやすいので、結論から伝えることは良いと思う。

 

 

ついつい、くどくど言ってしまうときは、自分でツッコミを入れてください。

 

 

「結論から先に言え!」