ケントはあきらめない

「ケントをあきらめないからね」

いったい何をあきらめないというのか……

その時はよく分からなかった。

ケントは次々色んなことするし、がっかりすることいっぱいあったし、へこたれそうになったりもした。

多分、「あきらめないからね」は、ケントにも言っていたけど、自分自身に言っていたんじゃないかと思う。

自分が辛くて、投げ出したくなって、それでも、「あなたをあきらめない」と言ってみると、「あきらめてたまるか」という気持ちになる。

そして、何をあきらめないのか……

ケントが「幸せなおとなになることをあきらめない」ってことじゃないかと思う。

私もあきらめない

私があきらめてしまったら、それはケントに伝わる。

親にあきらめられてしまったら、きっと子どもは、やけくそになる。

「ママはケントが幸せなおとなになることを、絶対にあきらめない」そういう気持ちが、伝わったからこそ、今があるように思う。

へこたれそうになっても、
「今日も一日頑張った。明日は明日の風が吹く」

そうやって、明日を思い煩わず、その日一日を頑張る。

そういう一日を積み重ねてきた。

「明日を思い煩わうなかれ」

この言葉は、ずっと私の支えになってきた。

そして、これからも私の支えになって行くだろうな ( )