就活の話

内定授与式に出かけた次男。

 

まだどっちにするか決めかねている様子。

 

 

私はこの一年、次男の就活の様子を聞いてきた。

 

「楽しかったです」というときもあるし、ちょっと元気なく帰って来るときもある。

 

どっちにしても、私は次男の話を聞くのが楽しみでしょうがない。

 

「お帰りー」の次の言葉は「どうだった?」

 

「まぁまぁ、お母様落ち着いてください。それは夕飯のときにゆっくり話しますから……」

 

かなり、もったいをつけられるので、夕飯が待ち遠しい。

 

まぁ 自分でさっさと夕飯の支度をすればいいのだけど……

 

 

そして、待ちに待った夕飯。

 

食べながらだけど、身を乗り出して聞く。

 

その話がおもしろい。

 

失敗談もあれば、作戦成功のときもある。

 

どっちにしても、次男はその中からたくさんのことを、学んでいるようだ。

 

その、学んだことも話してくれる。

 

毎度、毎度、次男の成長が感じられて私は嬉しい。

 

今日は、ついでがあったので、車で駅まで送った。

 

そのときに話してくれたこと。

 

「私のバッグが古びていたので、面接してくださった方から聞かれました。そのバッグはどうしたのですか?」

 

「はい。これは父のお古です。就活を始めるときに父にお願いして、もらいました。すると、その方はおっしゃたのです」

 

「あー、やっぱり堀内君だよね。
そういうところはほんとに堀内君のステキなところだなぁ」

 

「なんだか勝手にその方の中で、私は良い人になってるみたいなのです。困ったものです」………

 

 

ダイニングで

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、うちにも次男のようによく話してくれる子もいれば、あまり話してくれない子もいる。

 

その子の性格だし、無理にしゃべれってことではない。

 

でも、しゃべりたい子が好きなだけしゃべれることはいいことだと思う。

 

 

質疑応答の次男の返答を聞いて

 

「おーっ!」って思ってくださる方は多いと思うのだけど、実はうちのダイニングでの会話と変わらない。

 

 

私は子どもの話を聞くのが好きだ。

 

聞かねばならぬと思うことはない。

 

聞きたいだけだ。

 

おもしろがって聞いてくれる人がいれば、話したくなる。

 

 

「子どもの話を聞きなさい」
なんて、偉そうなことを言うつもりは全くない。

 

 

子どもの話を聞くのが楽しい。

 

 

子どもの話を聞くのが、大好き。

 

 

ただ、それだけ……

 

 

ちなみに夫や子たちはみんな、私の話をよく聞いてくれます(*^_^*)

 

 

 

子育てがハッピーになるヒント