祝福

ケントの結婚報告にfacebook等でたくさんの「おめでとう」メッセージを頂いたり、コラムをシェアして頂き、本当にありがとうございました。

 

お一人お一人にお返事できていませんが、皆様のメッセージを読ませて頂き、心があったかになりました。

 

祝福されるというのはありがたいことです。

 

祝福の意味を調べると「幸福を祝い喜ぶこと、幸福を祈ること……」と書かれていました。

 

皆様の思いが、ケントと彼女に届いていると思います。

 

こんなふうでした

 

 

 

 

 

 

昨日、パーカーのフード被った男の子を見た。

 

それで、ケントの小学生の頃のことを思い出した。

 

ストレスがかかるといつもパーカーのフードをギュッと被っていた。

 

うるさいところや、居心地の悪いところではフードを被り、隅っこで固まっていた。

 

外で人に嫌なことをされた時は、やり返すのではなく、自分の頭を壁に何回も打ち付けていた。

つまり、自傷行為

やめさせのが大変だった。

 

学校でのストレスか、家に帰ってくると、さんざん悪態をつくか、回転椅子に座ってくるくる回り続けるか、リビングに敷いてあるマットにくるまり、みの虫のように中で、じっとしていた。

 

今のケントを知っている方は、そういう姿は想像できないと思うが、そんなふうだった。

 

二次障害で、やる氣はないし、何でも投げやりだし、あんまり、笑わないし、学習放棄したし……

 

けっこうひどかった。

 

それでも、ケントの中に育つ力があって、ちゃんと成長して今がある。

 

講演の中で「なんでそんなに自信にあふれているんですか?」って質問があった。

 

ケントの答えは

 

「おれがおれであることが自信だ」

 

ケントは自分であることを貫き通したのだろう。

 

だから、私は自分の育て方が良かったとかそんなふうには思っていない。

ブツブツよく怒っていたし、感情のコントロールができずにケントの前で泣いたし、十分かっこ悪い親だった。

 

必要に迫られて、一生懸命考えてやって行くしかなかっただけ……

 

繰り返すけど、子どもには「育つ力」がある。

 

それを信じていれば、応えられら日がきっと来る\(^o^)/

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内