受け継がれた

先日、孫のお宮参りに行って来た。

私はクリスチャンだから、子どもたちはお宮参りをしたことがない。

従って、初お宮参り。

そのまま、お祝いを込めて、みんなでお食事。

そのときにお嫁さんのお父さんがこんなことをおっしゃった。

「ケント君は、子どもに何かさせたいことはあるの?」

 

「ないですね。
彼女の人生だから、自分の好きなように歩いて行ってもらいます」

 

夫と私はそれを横で聞いていた。

夫もそれを受けて「子どもが自分で決めることですよ。子どもの人生だから……」と言っていた。

 

私は、ケントの返答を聞いていて、とても嬉しかった。

 

「オレの好きなように人生を歩かせてくれてありがとう」と言われているような気がした。

 

私たちの子育てが確かに受け継がれたと感じた瞬間だった。

 

自分で決める

 

 

 

 

 

 

 

講演のときに、あえて言うんだけど、ケントは中学3年間オール1だった。

学校もあんまり行かなかった。

高校は自分で行くと言ったから、必要な情報提供をした。

 

高校は単位を取らないと卒業できない。

単位を取るためには、出席日数をカバーすること。

赤点は取らないこと。

 

私が伝えたのはそれだけだったが、ケントは「分かった。オレは高校を卒業する」と言って、言葉通り卒業した。

まぁ 実際は、さんざんサボっていたし、赤点取って、再試を受けたりしていたみたいだけど、卒業した。

 

アルバイトも直ぐにやめるし、さんざん荒れていた時期もあった。

でも、その中であっちにぶち当たり、こっちにぶち当たり、痛い思いも随分したと思うが、その延長線上に今のケントがいたわけだ。

 

見ている方はハラハラしたし、ドキドキもした。

 

私なら絶対しないというようなことを、次から次へとしでかした。

私とケントは違う人間なんだから当然なことだ。

 

見ているのは正直辛かった。

 

でも、幸い私にはしたいことがたくさんあったし、楽しみもあった。

 

それに、他に3人の子どもがいる。

 

ケントばかりを見ていないで済んだ。

 

それはありがたいことだった。

 

その結果、ケントは好きなように生きることができた。

 

もちろん、他の3人の子どもたちも好きなように生きている。

 

高校をやめた子は3人。

 

別の高校に行った子は一人だけ。

つまり、2人は高校中退。

 

入った高校を卒業したのはケントだけ。

 

なんか「それでいいのかよ」とつっこまれそうだけど、

 

いいんです。

 

子どもが自分で決めたことだから……

 

後悔したかもしれないけど、それでもいいんです。

 

自分で決めたからこそ、誰にも文句を言わず、自分の道を切り拓いている。

 

そして、何より

 

みんな幸せそう。

 

自分の人生をしっかり歩いている。

 

 

ケントの幸せそうな笑顔が物語っている(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内