花が落ちた

講演の後にきれいなお花を頂いた。

 

花束だと持って帰るのに大変でしょうと、器に入ったお花にしてくださった。

 

それを紙袋に入れてくださったので助かった。

 

ところが、駅に着いて少し歩いたら、紙袋の底が破れて、お花が落ちてしまった。

 

どっしりした器だったのでお花は無事だった。

 

しかし袋は使えないので、かかえて歩いていた。

 

重いし、持ちにくいしちょっと困った。

 

困っているのに買い物に寄ったら、そこの店員さんが、袋に入れましょうか?と声をかけてくださった。

 

スーパーの袋だから破れない。

 

とっても助かった。

 

他にも荷物があるのに花をかかえて歩くのは大変だった。

 

店員さんのご親切が本当にありがたかった。

 

疲れ果ててぼーっとしていたけど、嬉しくて心があったかになった。

 

 

大きな花束

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、講演の後に頂いた花束はびっくりするほど立派で、つまりすごく大きくて途方に暮れた。

 

それでも持って帰らなくてならない。

 

タクシーに乗ったら、運転手さんが声をかけてくださった。

 

「お客さん、随分立派な花束ですね」

 

「講演のときに頂いたんです」

 

「どんなことをお話されたんですか?」

 

「発達障害についてです」

 

‥‥‥‥‥‥

 

結局、その運転手さんはお嬢さんがトランスジェンダーであることを話してくださった。

 

長い時間乗っていたので、けっこう深い話になった。

 

 

タクシーを降りるとき、運転手さんは「何かのご縁でこうして、お客さんと話せて良かったです」とおっしゃった。

 

 

花束が取りもってくれたご縁

 

 

明日は、ケントと久々の講演

 

 

さぁ どんな話が聞けるかな?