ほんとは考えてる

三男は毎日仕事で、朝早く出て遅くに帰ってくる。

今日の現場は近かったので珍しく早く帰って来た。

なので、次男、三男と3人で夕飯を食べることができた。

いつも、疲れているからとほとんど話さない三男だが、今日は早く帰れたこともあり、色々なことを話していた。

「おれさー、衝動強いから何にも考えてないみたいに見られるんだけど、めっちゃ頭で考えてるの。
ぐるぐるすごいいろんなこと考えてる。
行動が早いから、そういうふうに見えないらしいけどさ……
高校やめる時だって、すごく考えたんだよ。
大学出たって仕事がないときだったから、高校出たくらいじゃもっと仕事ないと思ったんだ。
それだったら、手に職を早く付けた方が良いと思った」

「ふーん。
そういうことを考えていたんだ」

「そうだよ。よく考えてそうした」

そうは言っても、それから三男が働いたところは片手じゃ全然足りない。

数ヶ月働くものの、いやなことがあると直ぐにやめてしまう。

やっと、落ち着く

36500237_624

 

 

 

 

 

 

 

自分のことは棚に上げて長男は三男のことを心配していた。

「あいつさー、ちょっと嫌なことがあると、バックレてやめるじゃん。このままじゃまずいよなぁ。
まー 逃げらんないようにするにはマグロ漁船にでもぶっ込むか?」

その気配を察した三男は株式会社の面接の約束を取り付け、合格した。

めでたし、めでたしと言いたいところだが、働いた期間は今までの最長記録を樹立したものの、またやめてしまった。

紆余曲折の後、今の親方のところで働くとようになって、もう直ぐ2年。

今度ばかりは腰を落ち着けて頑張っている。

自分が仕事をした、ららぽーとがオープンしたと言っていた。

自分の働きが目に見えるのは張り合いになるようだ。

学校はよく休むし、オール1をとってくるし、朝は起きれないし、不器用だし……

マイナス材料はたっぷりだったけど、今は朝早く自分で起きて仕事に行く。

こんなに変わるものかと思うくらい変わった。

昨日も自分で国民年金の手続きに行ってきた。

「おれ、こう見えてもほんと色々考えてんの!」

立派に成人しましたねぇ (*^_^*)

 

10月16日(日)にメンテナンスを行います。

時間は未定ですが一時サイトへアクセスできない状態になりますのでご了承下さい。

管理・運営 井部昇平

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント