友だち

ケントが小学校の4年生の時に神戸から東京に引っ越してきた。

近所にケントと同じ年の男の子がいた。

彼は一人っ子。

うちは4人兄弟。

遊びにくれば、うちはいつも賑やか。

おまけに公園が目の前だった。

もう誰の友だちか分かんないくらい入り混じって遊んでた。

弟たちも彼にはよく遊んでたもらっていた。

そして通学ルートの途中にうちがあったので、いつもピンポンして、一緒に学校に行っていた。

彼は成績もよく、スポーツ(野球)も得意でしっかりした、ケントとは真反対の子だった。

うちでケントが弟にひどいことをすると彼が穏やかに「ホリケン、そんなことしちゃダメだよ」と言ってくれた。

私の言うことはちっとも聞かなかったが、彼が言うと素直に聞いていた。

いつも一緒にいたので、彼は直ぐにケントの良いところと、まずいところが分かったようだ。

そして、そのままのケントを受け入れていた。

友だちのお母さん

そして、ケントも彼のうちによく遊びに行っていた。

ケントはその友だちのことも好きだったが、負けずに彼の両親のことが好きだった。

特にお母さんはサバサバした人でケントとは気が合っていたみたいだ。

彼女は「ホリケンは学校なんか行かなくてもいいのよ。
ジャニーズに売り飛ばせばいいわ 」とよく言っていた。

そして、中学になって、学校へ行ったり行かなかったりして、テストをいつも白紙で出しているケントに、「ホリケンがテスト受けると平均点下がるんだから、テストなんか受けるのやめなさい」みたいなことを言ったとかで、ケントはそのことをニコニコしながら話してくれた。

随分、ひどいことをと思われるかもしれないが、彼女はケントが学校という枠に収まるような子ではないと知っていたのだと思う。

「そんな、ちっちゃいこと、ケントにとっては、どうでもいいでしょ」ってことだと思う。

だから、私もそれを聞いたとき、別に腹が立ったりしなかった。

よく分かってるな くらいの感じだった。

そして、ケントは彼女の言葉に納得したのか、テストの日は休むようになった。

高校になって彼は勉強と野球が忙しくて、ケントと過ごすことはなくなった。

それでも、ケントは相変わらず、彼の両親と話すために時々遊びに行っていた。

大学を卒業した彼はアメリカに留学したので、ほとんど会わないが、ケントは嬉しい報告とかあると、彼の両親に報告に行く。

親以外の存在

だいたい、思春期の子は親の顔を見るのも嫌だという時期がある。

そこまで行かなくでも、口を聞かなかったりする。

そういう中で、親以外のおとなの存在は大きい。

変わらずにいつも自分を思い、応援してくれる存在。

そういう安心感の中で、その人たちから子どもたちは、たくさんの学びや助けを受けてきた。

本当にありがたいことだと思う。

だから、親は一人で頑張らなくていい。

私はずーっと前から思い続けていることがある。

「私が親としての最善を尽くせば、あとは神様が働いて下さって、、子どもたちに必要な人を贈って下さる」

その人たちが一緒に育てて下さったと思っている。

一人で頑張らなくていいんです(*^^*)

 

イベントを追加しました。近日と10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

イベント

過去のpick upコラム♪

↓↓本日は「自分にしかできないこと」です☆彡
自分にしかできないこと