相手の気持ちが分かる

沖縄には4日間行っていた。

帰ってきたら、次男が待ってましたとばかりに「話を聞いて頂けますか?」というので「いいよ」と言うと機関銃のように次から次へと話し始めた。

4日間分、たっぷり聞いた。

「ママもね、沖縄、すっごく楽しかったよ」と言うと「それは、お母様の顔を見た瞬間分かりました」と言うので「分かるんだ……」と言うと

「はい。分かります!」

そう言えば、次男は前から私がどこに行っていたのか言わなくても、私の表情や輝きで分かると言っていた。

輝きとか言っちゃうと、自分では気恥ずかしいけど、次男はそう言う。

 

話はさかのぼるが、次男はやっと口がきけるようになったあたりから、私がしんどい時に限って「ママ、いつもありがとう。ご飯を作ってくれてありがとう。お洗濯してくれてありがとう……」と言ってくれた。

しんどくても、自分としてはいつもと変わりなくしているつもりでも、次男には分かっていたみたいだ。

そういうことが数え切れない。

 

人の気持ちが分かる。

すばらしいことだ。

だけど、口に出さないその人の気持ちが分かってしまう。

すばらしいと同時にしんどいこともあるだろう。

そして、もちろん家族の思いも感じ取る。

ごまかすつもりはないけど、ごまかしはきかない。

いつも見抜かれる。

だから、いつの頃からか私は次男の前では取り繕わなくなった。

悲しい時は泣くし、怒るし、悔しがる。

まー つまりかっこ悪い姿もいっぱい見せてきた。

だから、次男はおとなでも親でも完璧ではないことをよく知っている。

って言うか、私が次男に説教されることが多い。

もうすでに逆転している。

次男だけでなく、長女からも長男からも三男からも学ぶことはたくさんある。

密かに子どもたちのことを尊敬している。

やはりそこは、自称「親ばか推進委員会の委員長」だけのことはある。

他の人からどう思われようが「うちの子ステキ」って心から思えたら、そういうもので子どもは安心して成長できるんじゃないかって思う(^^♪

images (13)

 

 

 

 

 

 

 

次男と講演のお知らせ

次男と初めてのコラボ講演のお知らせです。

 

発達障害とともに歩む

2017.2.18(土)10:00~12:00

講師

堀内祐子 堀内拓人

会場

阿佐谷地域区民センター(杉並区阿佐谷南1-47-17、JR阿佐ヶ谷駅徒歩2分)

参加費

500円(杉並子育て応援券利用可)

定員

80人(申し込み先着順、定員になり次第締め切り)
※一時保育あり(申し込み先着10人、1人500円)

申し込み・お問い合わせ

Creo(くれお) TEL/FAX:03-3397-6884
E-mail: info@creo-kosodate.com HP: http://creo-kosodate.com
※氏名、電話番号、E-mailアドレス、一時保育希望者はお子さんの氏名、年齢、性別をお知らせください。
【主催】Creo(くれお)
【後援】杉並区教育委員会/NPO法人ファザーリング・ジャパン「メインマン・プロジェクト」
【協力】・(株)幼保経営サービス

講演会のご案内