関心を引くために

子どもは親を試す。

意識的か、無意識かは別にして、けっこう試す。

何を試すのかというと、本当に親は自分を愛してくれているのかどうか。

どんな自分でもママは愛してくれるのか?

こんなに悪いことをしても、見放さないでくれるのか?

もちろん、そんなことをしなくても親の愛情をしっかり感じている子もいて、わざわざ試したりしない。

これは私の経験からくる思いなんだけど、発達障害の子は割りと試したりするように思う。

だいたい自閉症スペクトラム症(アスペルガー)の子は親から愛されていても、それを感じ取ることがうまくできなかったりする。

って言うか、愛されても愛されても足りない感じ。

それで、もっともっと自分を見てほしくて、愛してほしくて、いろんなことをする。

良いことをして関心を引いてくれれば、親は助かるのだけど、激しく見てほしいものだから、親が困ることをして、絶対に反応してくれる方法を取る。

そうなるとややこしい。

親は振り回される。

けっこう辛い。

でも、子どもはその間、親が自分を見てくれているから、それなりに満足してたりする。

そして、また見てほしくて何かやらかす。

最初に書いたように、これを無意識にやっていたりするから、親も疲れ果てる。

 

どうしたらいいの?

images (5)

 

 

 

 

 

 

それに対してどうしたらよいかなどと、私は偉そうに言える立場にない。

でも経験から言うと、振り回されながら、とことん付き合うと、その子の気持ちが少しわかったりする。

多分、それが必要なんじゃないかと思う。

ちなみに逃げ腰と言うか、対峙しないと、子どもは満足しないから、もっともっと見てくれるための方法を取る。

正直言えば、親だって逃げたい。

だけど、付き合ってやれるのは親しかいない。

子どもにとって……

付き合ってほしいのも親。

分かってほしいのも親。

愛してほしいのも親。

子どもは親にとことん向き合ってほしい。

 

たくさんのご相談を受ける。

でも私はそのお子さんと向き合えない。

向き合えるのはその子の親だけ。

どんなに振り回されても、辛い思いをしても……

 

あなたは大切

何があっても、私はあなたのお母さん

あなたの幸せを心から願っている

だから、大丈夫

愛しているから……

 

そういうことが子どもに伝わるまで、付き合う。

 

それがどんなに大変なことか……

うちにもそういう子がいたからわかる。

でも、ちゃんと終わりは来る。

やるだけやれば気が済む時が来る。

大変だけど、やりきった感は最高!

とりあえず、

逃げないで良かった( ―  )