感覚過敏

久々ケントの奥さんが孫ちゃんと遊びに来た。

 

毎日のように孫の写真を送ってくれて「お母さん、いつでも遊びに行きますよー」ってラインをくれた。

 

彼女はエッセンシャルオイルが好きなので、私のオイルボックスから次々にいろいろな香りを楽しみ、お気に入りをいくつか見つけた。

 

プレゼントすると大喜びだった。

 

彼女はお産のときも、産後もエッセンシャルオイルに随分助けられた。

 

 

彼女はいつも使っていたいけど、ケントはオイルの香りがダメ。

 

それでも彼女のために、ケントは「つけてもいいよ」と言ったけど、結局激しくパニクったらしい。

 

食事に行っても、彼女は全然気にならない換気扇の音が気になって、席を変わらなければならないほどしんどいようだ。

 

そういうことがたくさんあるようで、彼女もその都度「そうなのかー」と分かるらしい。

 

他にもやらなくてはならないことがなかなかできなかったり、それを催促するとプチッとなるし、彼女もなかなか大変。

 

まぁ 私がさんざんした苦労を彼女にバトンタッチした感じ。

 

でも、ケントの良いところもよーく知っているから、そんな話をしているときもニコニコで嬉しそうに話す。

 

だから、ケントは彼女を選んだのだと思う。

 

 

ケントが自立して離れてみるとやっとケントを客観的に見れたりする。

 

 

感覚過敏とかそういうところは相変わらずだけど、社会人としての成長はめざましい。

 

経営者としてそうとう苦労もし、鍛えられたようだ。

 

 

発達障害のイメージ

 

 

 

 

 

 

 

最近、NHKさんが発達障害に関する番組をよくやっている。

 

私もたまに見て「うーん?」と思うことはあるのだけど……

 

たまたま番組を見ていたケントが当事者の話を聞いて「言い訳にしか聞こえねー」と言っていたらしい。

 

ケントは似たようなしんどさがあるわけで、それをよく分かったうえでの言葉だ。

 

多分、

 

「理解してほしい」

 

「分かってほしい」

 

そういう感じがいやなんだろうな。

 

 

なんかうまく説明はできないけど、ケントのもどかしさは分かるような気がする。

 

辛いことは辛いけど、発達障害があったってなくたってそういうことはみんなある。

 

理解するって大切なことだけど……

 

発達障害のしんどさばかりをクローズアップされているのを観るとイライラするのだろう。

 

ケントが講演で皆さんの前に立つことの理由の一つは、発達障害に対するイメージを変えたいのだと思う。

 

発達障害?

 

もはやオレの武器!

 

 

けんとは強みに変えて、たくましく生きている。

 

そういうやつもいるってこと、

 

知ってほしいんだと思う(*_*)

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内