痩せちゃった

 

私は言葉のこだわりが結構強い。

 

 

いきなり違う話だが、半年で8キロ痩せたことは、数ヶ月前にコラムに書いた。

 

多分、適正体重になったようで、47〜48キロあたりで落ち着いた。

 

だけど、それをキープするのだって努力が必要。

 

まぁ 努力と言うほどでもないが、気を許せばまた増えることは分かっている。

 

なので、毎日ヘルスメーターに乗って、体重やら体脂肪率やらをチェックしている。

 

ちなみに毎日35歳と出る。

 

34歳にも36歳にも決してならない。

 

ずっと35歳。

 

体重、体脂肪率、消費カロリーなどが出るので、そこから35歳とカウントしてくれるのだろう。

 

くどいようだけど、頑張っている。

 

もちろん、たくさんの人から「痩せたね」と言われた。

 

「はい。痩せました。頑張りました」

 

なんだけどね。

 

たまーに、気の毒そうに「痩せちゃったね」って言う人がいる。

 

それって「まぁ こんなに痩せちゃって、なんか病気なんじゃないの?」っていうニュアンスが感じられる。

 

割りとはっきりものを言うたちなので「努力して痩せたのに、痩せちゃったねとか言うのやめてね」と言ったけど‥

 

その人には全く悪気はない。

 

悪気がないことは分かっているが、やっぱり失礼だよなと思う。

 

おとなげないけどね。

 

言葉通り捉えちゃうのよ。

 

 

引っかからない言葉

 

 

 

 

 

 

 

でもね。

 

なんで言葉にこだわるかと言うと、言葉にその人の思いが結構、くっきり、はっきり出ているから‥

 

 

「〇〇をしてあげた」とか言われると、へそ曲がりだから「頼んでいませんけど」ってなる。

 

ケントが小学生のとき「ママが出かけたから、ケントが朝お風呂の窓開けといた」と言ったことがある。

 

もちろん「ありがとうね。助かったよ」とお礼を言った。

 

もし、ケントが「窓を開けてあげた」と言ったら、ちょっと引っかかったと思う。

 

大した違いじゃないと思われるかもしれないが、私は「してあげる」と言う表現が嫌いなのだと思う。

 

自分でもめんどくさいやつだなと思っている。

 

でも、本を書いているときにその辺は、めっちゃこだわって言葉を選んだ。

 

なんか、変な表現があると引っかかる。

 

引っかかったら、読みにくい。

 

 

たくさん本を読む義理の父が「あなたの本は喉越しが良い」って言ってくれたことがあって、もうすんごい褒められた感じで嬉しかった。

 

 

話が逸れたけど、案外こう見えて、言葉選んでいます(^_−)−☆