なぞの整体師の言葉

 

次男、誕生日

 

 

私はずっと思い続けてきた。

 

次男が働く会社は、次男を通してたくさんの祝福を得るだろう。

 

これは確信だった。

 

 

それが、どのような会社であろうと、次男の影響は静かに隅々まで、届くだろうと‥‥

 

夕飯のときに次男と話すのだが、その話の中から、私が確信していたことが現実になっていることが分かる。

 

次男がそこにいるだけで、温かな癒しが満ちる。

 

 

もう、10年前くらいに会った不思議な整体師は、会ってもいない次男のことを「彼は神さまの言葉を預かっておられます」と言った。

 

私もそんなふうに感じてはいた。

 

でもそのときは、不登校気味のただの中学生。

 

その何年後かにNHKのハートフォーラムで、皆次男の言葉に釘付けになった。

 

その整体師は、その後の次男のことは知らない。

 

もし、知ったら「そのことは、私は知っていました」と言うだろう。

 

 

大切に育てた

 

 

 

 

 

 

 

 

極めて個人的なことではあるが、私は何度となく神さまに言って頂くことがある。

 

「次男を大切に育ててくれてありがとう。
あなたにしかできないことでした」

 

さらっと書いているが、それを言って頂いたときは、号泣だった。

 

だって、本当に大切に育てたのですよ。

 

 

私の中では分かっていた。

 

次男が特別な子だっていうこと。

 

みんな、みんな特別な子なんだけど‥‥

 

次男は繊細だった。

 

そして、役割を負っていた。

 

 

自画自賛は承知しているが、

 

私は、

 

次男を

 

大切に育てた。

 

それを胸を張って言うことができる。

 

 

次男は24歳になった。

 

本来であれば、親の役目は終わり。

 

だから、次男の迷いも選択も私は静かに見てる。

 

まぁ 私のことだから、おもしろがって見ている。

 

次男がどんな選択をするのだろう?

 

どんな道を歩いて行くのだろう?

 

ただ、ただ

 

楽しみ

 

 

お誕生日、おめでとう❗

 

 

あなたの未来が光に満ちたものとなりますように*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*