お母さんとベビーカー

昨日は都内で、講演だった。

 

講演を終えて、駅の辺りを歩いていると、赤ちゃんを抱っこして、たくさんの荷物がかかったベビーカーを抱え、階段を登ろうとしている若いお母さんを見かけた。

 

思わず、「手伝いますね」と言って、一緒にベビーカーを持って階段を上がった。

 

そのお母さんは「ありがとうございます。こんなに親切にして頂いて‥‥」とおっしゃった。

 

「私も4人育てたから、こういう時の大変さはよく分かるの」と言うと、そのお母さんは、花が咲いたようなステキな笑顔になった。

 

なんか、その時にそのお母さんの「私の大変さを分かってくれているんだ」という温かい思いが伝わってきた。

 

正直言えば、ベビーカーを一緒に持って階段を上るくらいとっても小さな行為だ。

 

それなのに、あのお母さんは本当に嬉しそうだった。

 

 

私が子どもたちを育てた時代は今のようにバリアーフリーはそんなに進んでいないし、電車の中ではベビーカーはたたまなければならなかった。

 

うちの子どもたちは身体は大きかったけど、中身は年相応なので、歩いて電車で出かけても帰りに眠ってしまって、ベビーカーはないしずっと抱っこして家に帰ったりした。

 

そういうときは本当に泣きたいくらい大変だった。

 

今から思えば「タクシーに乗れば良かったじゃない」とも思うが、そのときはそういう発想がなかった。

 

 

他にも「誰か助けて!」と思うことは多々あったけど、なんとか自分で頑張るしかなかった。

 

そんなときに助けてもらうと、もう泣きたいくらいに嬉しかった。

 

だから、分かるのだ。

 

あのお母さんが、あんなにあんなに喜んでくださったことが‥‥

 

いつも助けられているわけじゃない。

 

歯を食いしばって頑張る時のほうが多いはずだ。

 

だからこそ、あんなに小さなことなのに心から喜ぶ。

 

 

迷わず、身体が動く

 

 

 

 

 

 

 

私が子どもを連れて歩かなくなったときから、そういう大変そうなお母さんやご老人を見かけると迷わずお助けするようになった。

 

 

どうしようかな?と思うより先に身体が動く。

 

 

断られたら、引けばいい。

 

あんなにすてきな笑顔を見れることは、それだけでもうご褒美をもらったような気がする。

 

心があったかになる。

 

きっと、あのあ母さんは子どもから手が離れたとき、大変そうな若いお母さんを見かけたら、迷わず助けるだろうと思う。

 

自分がされて嬉しかったことは、人にもしたくなる。

 

私も、どうにも大変で途方に暮れていた時、助けてもらったことは今でもよく覚えているから‥‥

 

その嬉しさが、私の力になっている。

 

その人にとってどんなに小さな行為であっても、深く心に刻まれる。

 

最近、寒くなってきたけど、心はあったかでいたいな( ◠‿◠ )