昨日、次男が言っていたことの続き。

 

 

「実習する中で、うまくいかないことや、課題が見つかって、それを学びにすることは良いことだと思います。
ですが、それ以上にこれは苦手だと思っていたけど、なんとかできたとか、教えてもらったらうまくできたとか、そういう達成感を味わうことの方がずっと大切な気がするんです」

 

 

「課題を見つけるより、達成感を味わうことの方が大切」って次男は繰り返し言ってた。

 

 

次男は、発達障害があるから、人よりできないことが多いんだと思う。

 

 

それで、けっこう自分に自信がない。

 

 

だからこそ、出てきた言葉なんじゃないかと思う。

 

 

まぁ 親バカなわたしは褒めまくっているんだけど、次男は冷静に自分を観察するからね。

 

 

そんな中で出てきた言葉だから‥

 

 

自分で心からそう思ったみたいだから‥

 

 

「あのね。
ママがあなたをいつも褒めるのは、
できてないこと並べられたり、
それはあなたの課題だからと言われても
嫌な気持ちしかしないじゃない。
だったら代わりに、
これが自分の良いところなんだとか、
ここは自信をもっていいんだって
思ってもらった方がずっといいから」

 

 

次男は「今日は長々とお話をしてしまいました」と言って、わたしの部屋を出て行った。

 

 

でも、なんかスッキリした顔だった。

 

 

 

次男は自分の目標に向かって着々と歩んでる。

 

 

 

次男のこれからが楽しみでしょうがない(o^^o)

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ