音信不通

 

実は大阪講演の後、すごーいことがあった。

 

 

話は遡る。

 

もう25年くらい前かな?

 

大好きな友だちがいた。

 

お互い引っ越しを繰り返しながらも、連絡を取り合っていた。

 

彼女がアメリカに引っ越してからは、毎年届くクリスマスカードを楽しみにしていた。

 

ところがある年からパッタリこなくなってしまった。

 

彼女の子どもたちは、わが家の子どもたちと同じくらいの年齢だが、なんとアメリカに行ってから彼女は大学で学び出した。

 

忙しいのかなぁと思いながらも、私は寂しくてたまらなかった。

 

フェイスブックや彼女がずっと書いていたブログのタイトルで検索したり、共通の友人に尋ねたり…

 

音信不通は10年くらい続いていた。

 

だけど、私はしぶとく彼女を忘れることはなかった。

 

彼女は、やたらきれいで料理は上手、何をやってもそつなくこなす。

 

まぁ 私とは正反対ね。

 

それなのに、 自分の気持ちをはっきり言うし、時々毒舌を吐く。

 

それが、結構小気味いい。

 

だけど、元々賢いし、口は悪くても実は優しい。

 

なので、彼女の言葉は胸に響く。

 

と言うか、突き刺さる。

 

「前を見て歩こう」の中で書いた「あなたはいつだって一生懸命歩いてきた。もう後ろを振り返るのはやめな❗️」と私を叱り飛ばしたのは彼女だ。

 

このことは私の本「発達障害の子が働くおとなになるヒント」の中にも書いている。

 

どうやら、本人は忘れてたみたいだけど…

 

 

再会

 

 

 

 

 

 

 

話は戻るが、講演の後色々な方とお話していたら、彼女が立っていた。

 

共通の友人と一緒に来たと言う。

 

幻を見ているのかと思った。

 

新幹線の時間をずらして二人で話した。

 

話しても話しても話し足りないのだけど、新幹線の時間が来てさよならした。

 

夢を見ているみたいだった。

 

私はなんで彼女といるとこんなに楽しいのか考えてみた。

 

彼女は率直なのだ。

 

嘘がない。

 

嫌なことは嫌だとはっきり言う。

 

だから、他の人からしたらちょいと怖いかも…

 

でも芯に優しさがある。

 

そんな彼女に再会できた。

 

 

私は諦めなかった。

 

いつか必ず会えると思っていた。

 

多分、最高のタイミングで会うことができたんだと思う。

 

大切な宝物がなくなって、ずっと探していて、やっと見つかった感じの喜び。

 

諦めなかった私に神さまからのプレゼント。

 

諦めたら、いかんのですな♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪