気の強い娘

私が気の強い反抗的な娘であったことは時々書いている。

父に幼い時からよく怒られていたが、「言うことを聞けないなら出ていけ」と言われていた。

そう言われても子どもは出て行くことなどできない。

今なら、そんなことをしたら、ネグレクトで私は児童相談所行きになるぞ。とか思うのだが、
そういうことは知らない私は悔しくて、「いつか出ていってやるわ!」って心の中で思っていた。

そして、その時はやってきた。

私は19才、学生だったが高校は卒業しているし、短大に行きながらアルバイトのかけもちをしていた。

ある日、父とケンカをして父はいつものお決まりの文句を言った。

「出て行け!」

私は静かに答えた。

「分かった」

そこからの行動は我ながら、あきれるほど早かった。

昼前にケンカをして、夕方には働くところと住まいを見つけて荷造りを始めていた。

青山にある大きな花屋さんに住み込みで働くことにしたのだ。

アルバイト先の花屋さんから紹介されて、あっという間に決まった。

母の叱責

夕方になって帰ってきた母は私に何をやっているのか聞いてきた。

それまでのことをかいつまんで話して、出ていくために荷造りをしていることを伝えた。

母は普段、穏やかな人だがこの時は激しく怒った。

先に父に対して「なんで、勝手に自分の娘に出て行けなどと言うのか」と怒ってその後に、
「私はあなたが出て行くことを絶対に認めない。学校は卒業しなさい」と母にしては珍しく、命令した。

すごいけんまくに圧倒されるほどだった。

くどいようだけど、普段母は穏やかで、優しくて、命令などしない。

実際、父も私もびっくりして母に言い返すことができなかった。

このことを思い出すと「母は強し」って言葉が頭に浮かぶ。

これは母にとって譲れないことだったのだろう。

私もケントの子育てで苦労しているときに譲れないこと以外は全部、譲ろうと決心した。

思い返すと母にも明確に譲れないことがあったのだと思う。

その他はあんまり怒らない人だったから……

なんだかんだ言って、母の子育ての影響を受けていたんだなぁと思う。

しかし、未だ母の子育ての足元にも及ばない( ―  )