こ、困った!

ちょっとおもしろいことがあった。

 

私はクリスチャンなので、毎週日曜日(安息日)教会に行っている。

 

そして、今は日曜学校の時間に子どもたちに教えている。

 

だから、そこで行うレッスンの準備をする。

 

 

今度のテーマは「赦し」

 

 

えっ え~ !

 

なんだかんだ言って、私、
ちゃんと父を赦してないし……

 

 

しかし、準備はしなくてはならない。

 

導入がなかなかおもしろい。

 

子どもたちに1枚の紙に、
今まで他の人からしてもらった嬉しかった出来事を書いてもらう。

 

次にもう1枚の紙に、
その逆に人からされた嫌なことを書いてもらう。

 

そして嬉しい紙はテーブルに置いて、嫌な紙を子どもたちの目の前にかざす。

 

当然、嫌な紙しか見えず、嬉しい紙は見えない。

 

人からされた嫌なことを赦せずそのことばかり考えていたら、せっかくの良いことや祝福が見えない。

 

だから嫌な紙は、くしゃくしゃに丸めてゴミ箱に捨てましょう。

 

そんな感じ

 

いや~  なんて分かりやすいんだろう。

 

一人で感激した。

 

 

それで、私は?

 

 

 

 

 

 

 

いやいや感激している場合ではないない。

 

私、

 

どうすんのよ。

 

 

あれから一度も実家に電話していない。

 

ちなみにそれまでは、毎週電話をし、毎月実家に行っていた。

 

私が全く電話をしないので、母は気になっていたと思う。

 

分かっていても電話ができなかった。

 

 

気持ちの整理はついたつもりだったけど、また父に怒鳴られることを思うと、とても実家に行く勇気はなかった。

 

「ほとぼりがさめるまで、静かにしておこう」

 

これが、私が出した結論だった。

 

ところが、不思議なことは起こるもので、「赦し」のレッスンの準備をしたら、

 

 

なんと

 

 

父の夢を見た。

 

 

覚えている限りでは、それまで私は父の夢を見たことがない。

 

夢の中で、父と私は穏やかに自分の気持ちを話していた。

 

私は、悲しかった気持ちを父に話している。

 

 

父は、怒っているわけではないことを静かに話しでいた。

 

 

夢の中で父と私はなんとなく、

 

分かり合っていた。

 

 

そして、私は今日、久しぶりに母にご機嫌伺いの電話をかけた。

 

もちろん、そんな話はしなかったけど、近況を話して、母たちの様子を聞いた。

 

母は明らかに嬉しそうに
「元気にやっているから心配しないで」と言っていた。

 

 

これが、今の私の精一杯。

 

でもね

 

「赦し」のレッスンの準備をしなかったら、私はずーっと実家に電話をしなかったと思う。

 

 

それにしても、夢の中の父は穏やかだった。

 

 

父はきっと、本当に怒ってなどいないのだ。

 

ホントはホントはそんなこと
私だって分っているのに……

 

 

さー  鼻先にある嫌な思い

 

 

ぐしゃぐしゃに丸めてゴミ箱に捨てましょう\(^o^)/

 

 

★お読みになっていない方のために

3回シリーズ

ひたすら悲しい

信頼されない

母の選択

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内