来年の6月で今住んでいる家の契約が切れる。

 

9年半住んだ。

 

わが家の家探しはなかなか過酷だった。

 

なぜならニャンがいる。

 

今、ネコさんブームで、多少緩和された感はあるが、それでもペットオッケーはだいたいは、小型犬1匹を指す。

 

ニャンだけでも狭き門なのに、2匹となるとかなり厳しい。

 

それでも、なんでも家族であるみくるとジャスミンを連れで引っ越しするわけで、物件は極端に減る。

 

今の家は、弟が見つけてくれた。

 

ちょっと狭い間取りだったけど、この家を外から見た瞬間、この家に決めた。

 

中もまだ見ていないのに‥‥

 

明るかった。

 

家の南側は国有地でみどりの草が元気にサワサワしていた。

 

エネルギーすら感じた。

 

不思議な色合いの家で、やたらかわいい外観だった。

 

他の物件は一切見ずに決めた。

 

ニャンをオッケーしてくださったオーナーさんと、
この家を見つけてくれた弟には感謝だった。

 

引っ越しするまでの間もワクワクしていた。

 

あれから9年半、

 

色んなことがあった。

 

そして、家探しは難関ではあるものの、とにかく新しい家を探し始めた。

 

色々見て決めることが今までほとんどなかったので、今回色んな家が見れて楽しい。

 

だけど、どんより暗い家が多い。

 

良いお天気なのに家がどんよりしている。

 

明るい家もあったけど、小型犬1匹って書いてあって、ハードルは激しく高い。

 

 

孫たちは今の家が大好きみたいだ。

 

おもちゃ箱に顔を突っ込んで、何やら出して遊んでいる。

 

わたしもおばあちゃんの家が大好きだった。

 

今も懐かしい。

 

 

話しがずれてきたけど、ニャンたちにとっても、
孫たちにとっても、
そして私たちにとってもワクワクする家を見つけたい。

 

 

住まいはみんながほっとできる、
そしてあの家に帰りたいというものであったらいい。

 

 

そういう家とはやく巡り会いたい❣️

 

 

ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ(無料)

メルマガでは、かなり不思議なわたしの子ども時代について書いています。

よろしければ、ぜひご登録くださいね。

■ 登録用URL

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

堀内祐子の書籍

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ