先日、実家に行ったとき、帰り際に父がノコギリをくれた。

 

 

ちなみにダイソーの物なので108円。

 

 

弟は若干迷惑そうだったが、わたしはありがたく頂いた。

 

 

わたしはストレス解消として行うことがたくさんあるが、その中の一つが庭の木を切ること。

 

 

庭には大きな桜の木や金木犀、さざんかなどが植えてある。

 

 

それを切るのが好きなのだ。

 

 

木たちにはいい迷惑だと思うが、定期的に切らないと伸び放題で大変なことになる。

 

 

おまけに草も生い茂っている。

 

 

みくる(=^x^=)がときどき草を食むので、多少残す必要があるが、現状は食べ放題である。

 

 

さすがに、夏は暑くて庭の手入れはできなかった。

 

 

やっと涼しくなってきたし、そろそろ庭をなんとかしなくてはと思っていた。

 

 

お気に入りのノコギリがいたんでいたので、
ダイソーだろうがなんだろうが、ノコギリはありがたかった。

 

 

さっそく、朝っぱらからノコギリを持っていざ庭へ!!

 

 

前回なんの対策もしなくて、おっそろしいほど蚊に刺されたので、今日はペパーミントとレモングラスのオイルをぬりたくった。

 

 

一箇所も刺されなかった。

 

 

しかし、ノコギリで手を切ったので、これまたラベンダーをつけた。

 

 

直ぐに血は止まった。

 

 

話を元に戻すが、庭の木を切って、草を刈ることもわたしの中では、ストレス解消の他に断捨離の意味もある。

 

 

家の中にある物は随分と処分してしまったので、定期的に茂ったり、伸びる木や草の手入れはわたしにとって、好都合。

 

 

断捨離をすると、自分は本当は何をしたくて、何をやりたくないか、はっきり分かったりする。

 

 

モヤモヤとからまっていた糸がほぐれる感じ。

 

 

だから、グズグズ考えていないで、断捨離をするのはそういうこと。

 

 

だって、本当にやりたいことに時間を使うことが一番大切って思う。

 

 

そんなわけで、父がくれたダイソーのノコギリのおかげで、わたしの頭はスッキリした。

 

 

やっぱ、好きだわ。

 

 

断捨離❣️

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ