静かな朝

 

次男は毎日、8時に出かける。

 

それなのに、今朝、私は7時55分に起きた。

 

ヒェ〜〜 ッ !

 

次男はご飯を食べていない。

 

昨晩、ハンバーグのたねを作って、朝は焼くだけって思っていたのに‥

 

次男に謝ると「部屋の前を通りかかった時、お母さまはすこやかに眠っておられたので、ゆっくり寝て頂こうと思って起こしませんでした。ですから朝食をとらないというのは私の選択です。お母さまは謝る必要はありません」

 

そう言って、ビスコを持って出かけた。

 

ちなみに次男はお昼も食べないので、ビスコはランチ代りだと思われる。

 

このところ、本ができる直前で、夜中まで遂行し、それが終わっても、奥付のチェックやカバーについてのやり取り‥

 

楽しい作業ではあるものの、ずっと睡眠不足が続いていた。

 

それを知っている次男は、私が起きてこなくても放っておいてくれる。

 

それでも、出かける前に「お母さま、朝ドラの時間ですよ」とそれだけは必ず教えてくれる。

 

 

いつも静かに朝が始まる。

 

 

穏やかであること

 

思いやりがあること

 

信頼があること‥

 

 

そういう世界は天国のように心地がいい(まだ、天国には行ったことはないが‥)

 

 

信じることがベース

 

 

 

 

 

 

 

今日、書きたかったのは

 

「信頼」

 

人と人の繋がりは「信頼」で結ばれていると思う。

 

信頼できる友を選びたいし、信頼される者でありたい。

 

悲しいのは信頼していた人に裏切られること。

 

そして、子育てしていても、「子どもに裏切られた」と思うことは何度もある。

 

繰り返すが、裏切られるのは辛い。

 

それでも、人を信じる。

 

子どもを信じる。

 

また、裏切られる。

 

だけど、信じる。

 

 

私は、割りと騙される。

 

「何で分かんないんだよ〜」って自分でも突っ込みを入れたくなる。

 

でも、「そこがあなたの良いところ」と友だちは言う。

 

「騙されも、騙されても信じるもんね」

 

呆れ気味に言われるが、そこが私の良いところらしい。

 

話は変わるが、私はクリスチャン。

 

 

神さまとイエス、キリストの存在を疑ったことは、ただの一度もない。

 

信じる者は救われると言うが、疑心暗鬼でこの人生を生きるか、信じて生きるかって言ったら、私は後者を選ぶ。

 

 

時と場合によるが、

 

 

やっぱり信じることが私のベースƪ(˘⌣˘)ʃ