調子に乗って、昨日に引き続き大好きな断捨離のこと。

 

 

ADHDの人は片付けが苦手なことが多いと思う。

 

 

もちろん、自分なりのやり方を見出し上手に片付けている人もいる。

 

 

しかし、三男はとっちらかっている。

 

 

これは以前、ブログに書いた記憶があるのだが‥

 

 

片付けるように言ってもなかなかできない。

 

 

そもそも割りと忙しいし、やる気なんかない。

 

 

とっちらかっている三男の部屋を見ることはわたしのストレス。

 

 

それで、あるとき、わたしは決めた。

 

 

あなたができないならわたしが片付ける。

 

 

もちろん、本人の許可はもらう。

 

 

「あのね。あなたの部屋、ママが片付けるわ。
だから、あなたの必要な物だけピックアップしてくれるかな?
いらないものはママが処分する。
それでいい?」

 

 

三男は、必要な物をささっとピックアップした。

 

 

「あとは全部捨てていいんですか?」

 

 

「うん。いらない」

 

 

もちろん、その中に使える物はたくさんある。

 

 

適当にわたしが仕分けて使えない物は処分。

 

 

リサイクルショップへ持って行く物。

 

 

家で使える物(ボールペンなどの)に分ける。

 

 

処分してしまえば、残りの物はちょっとしかない。

 

 

きれいに引き出しに収まる。

 

 

何をどこに入れたか簡単に説明する。

 

 

目に見えるところに物がなくなった。

 

 

スッキリさわやか。

 

 

それで、気づいたのですよ。

 

 

ずっと仕事をコロコロ変わったり、バイトをばっくれたりしていた三男が、部屋がきれいになったあたりから、ばっくれはなくなり、仕事をやめなくなった。

 

 

今のところ2年続いている。

 

 

三男の最高記録❣️

 

 

もちろん、成長したということはあると思う。

 

 

でも、部屋がきれいになったことも関係があると思っている。

 

 

それでなくても頭の中がとっちらかってたりするのに、家の中がぐちゃぐちゃだったら、考えまとまらない。

 

 

落ち着かない。

 

 

イライラする。

 

 

安らげない。

 

 

自分の力が発揮できない。

 

 

そうやって手を貸して、親は先に死ぬでしょというご意見もあると思う。

 

 

でも、きれいで心地良い生活をしていれば、そっちの方が良いことは経験上分かる。

 

 

それに、人はどんどん学習も成長もするもの。

 

 

肯定的な未来を思い描くのさ❣️

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ