カテゴリー「 次男 」の記事

60件の投稿

辞めたとしても 試験が終わって次男は比較的、暇である。 バイトもぼちぼち程度。 なので、いつもにも増して朝食の時によくしゃべる。 「私は今まで、辛くなったり嫌になると逃げ出す傾向がありました。 でも、一つだけ決めているの …
ダチョウの足の速さ 今朝の次男との会話はこれ 「お母様、ダチョウの特性についてご存知ですか」 「すっごく足が速くて、強い」 「その通りですね。 ですが、ダチョウは空を飛べないのです。 つまりはそういうことです。 できない …
プライマリーで 次男が小学校の4年生か5年生くらいの時だった。 教会のプライマリーに行っていた。 つまらなかったのか、いつも一人廊下をフラフラしていた。 そこへ子どもたちにお話をする方が通りかかり、次男に声をかけた。 「 …
温故知新とは? 今日は大学のスクーリングでゲストスピーカーを務める。 出かける前に、次男に「何か私に言いたいことはありますか?」と聞いてみた。 すると、逆に次男から聞かれた。 「温故知新という言葉をどのように捉えています …
恐ろしいほどの集中力 次男の大学は来週からテストだ。 今日は学校で勉強してきたと言って9時過ぎに帰ってきた。 夕飯の後、自分の集中力について話してくれた。 最初は意味が分からず、もう一回話してもらった。 「集中力がないと …
私が嫌いなこと 今日は次男とゆっくり話をした。 以前も書いたが、次男は人が一人の人を攻撃するのが、本当に耐えられないと言う。 「剣を持って攻撃してくる人間と盾を持ってそれを防ごうとする人がいます。 戦っても、答えは簡単で …
相変わらず 相変わらず、次男とは毎日色々なことを話している。 今朝は「テストがあるから、もう行かなきゃ」と言いつつ、次男はしゃべり続けていた。 「私は不公平なことが嫌いなのですよ。私が高校生の時に、先生の採点ミスがあると …
英語が好きになった理由 私の友人が話して話してくれたこと。 彼女が中学の時に、勉強は嫌いだったけど、彼女が英語の教科書を読んだとき、先生がポツリと言った。 「おまえ、発音はいいな」その一言で英語が好きになった。 他の勉強 …
次男が・・・ 朝早くから、遊園地に行き、夕飯も食べて来てしまったので、帰りは遅くなった。 ハンバーグは作って、冷蔵庫には入れてあったものの、朝食と同じメニュー。 次男は海の日でも大学は授業があり、いつも通り登校。 私たち …
次男のフラッシュバック 大学3年の次男はこだわりからはずれられないというよりは、フラッシュバックで苦しむことが多かった。 そういうときは、とりあえず、自分の好きな音楽をひたすら聴くらしいが、それでもダメなときは小さなわが …
PAGE TOP