私は現在中2の娘と小6の息子と主人との4人家族です。

子供達2人は自閉症スペクトラムと診断され、不登校です。

「育てやすい子だった赤ちゃん時代」

娘は赤ちゃんの頃、遊んでお腹いっぱいになったら自然と寝てくれる子でした。
よく一緒に遊んでいた友達は皆、抱っこしたりあやしたり寝かしつけに苦労してたのに、娘がいつも1人でコロッと寝てしまう事に皆ビックリでした。
成長も普通より少し早めでした。

 

ちょっと変わったクセ

images-1

 

 

 

 

 

 

コップで飲む時舌がでていたり、自分の名前を変なニックネームで呼んだり、多少みんなと違う言葉を使ってはいたけど、おもしろい子っていうだけでした。

3才頃、今まで普通に行ってたスーパーの音が嫌と言って、お菓子でつっても行かなかったり運動会のピストルの音も嫌がった時期がありました。

嫌ならいかなければいいし、どうしてもの時は友達がお気に入りのキャラクターの付いたイヤーマフをくれたので、それを使っていて、特に困ったり変だとはおもいませんでした。

「幼稚園のようにはいかない!?」

幼稚園の頃は男女問わず友達がいて、年上でも年下でもだれとでも遊べる子でした。

小学生になると、女の子はだんだんグループ化が始まります。どちらかというとサバサバしたタイプの娘は、女の子グループに入れなかったようです。

決して記憶力も悪くなく教えた事はちゃんと覚えられるのに学校の勉強はイマイチでした。

少人数で比較的のんびりしていて自由な雰囲気の幼稚園だったので、小学校の人数の多さや、皆で合わせたりするのが出来なかったようです。

自分の意見が言えず、友達のものを持ってきてしまう事もありました。

 

3年生での診断

3年生になった頃、先生の勧めもあり息子も小学生になったので2人共診断を受けました。
その時の診断名はADHDでした。

当時、息子はADHDだろうと思っていたけど娘はたぶんアスペルガー症候群ではないか?と思っていたので意外でした。

 

執筆者 mai