ケントの行い 二十歳の誕生日の数日前に、ケントは夜中に帰って来て一人でご飯を食べていた。 後で行ってみると、テーブルの上に1枚の紙が置いてあった。 紙いっぱいに大きなハートが書かれていて、その中に親父、お袋とあり、となり …