タグ「 私 」の記事

13件の投稿

黙ってられない 夫がよくいう言葉は「自分で考えさせろ」 「自分でやってみなけりゃ、分かんねーだろ。余計なこと言うな」 つまり、夫がこれをよく言うってことは、私が余計なことを言ってるってこと。   あー 言いたい …
おじちゃんの言葉 弟の話のついでに、ある出来事を思い出したので書いておこう。 弟がおとなになってからの話。 弟の職場はわが家から、比較的近くにあったので、仕事帰りに、用事があると、ちょっと寄ることがあった。 その日、弟と …
穏やかな弟 コラムを書きながら、改めて母や弟に感謝の気持ちを覚える。 前回、書いたように、弟は本当に穏やかな子だった。 弟は幼い時から食が細く、母は弟のことで困ることは、それくらいだったのではないかと思う。 あまりにも毎 …
先生を見ない 家では几帳面に明日の準備を整える子だったが、学校ではかなり強烈な子だった。 どうやら先生が嫌いだったようで、先生を見ない。 つまり、前を向かない。 どうしていたのかというと、ずっと外を見ていた。 そのことを …
成長がゆっくりな子 母が言うには、私の成長、発達はゆっくりだったようだ。 母はそれでも、話を聞く限りは、それをあまり気にしていなかったように感じる。 ところが、聞いている私は、相当変だなと思った。 自分のことだけど……  …
父の涙 父は「お前はダメだ」と言いながら私を育てたが、決して私が憎かった訳ではない。 父の思いを感じるエピソードや思い出もいくつかある。 私は低体重児で生まれ、しかも、生まれてもなかなか泣かず、逆さにされて、お産婆さんに …
褒められない子 昨日書いた友人のように、私も父に褒められることがなかった。 というより、反抗的だったために、いつも怒られていた。 そして、その怒られる内容に、私は納得がいかなかった。 子ども心にいつもおかしいと思っていた …
お久しぶりです 今日、びっくりすることがあった。 ケントの検討会にも出席して下さった、中学校の通級指導教室の先生からお電話を頂いた。 なんと10年ぶり…… 私はコラムを書きながら、先生のことを思い出していたので、「ヒャ  …
忘れられない 小学生のとき、ケントに言われたこと 「ママはいいなー。 直ぐにいろんなこと忘れられて…… ケントはみんな覚えてる。 忘れられないんだ」 それをちょっと辛そうに言った。 今は分からないけど、そのときのケントは …
笑顔になるように 笑顔がなくなったケントに私は何ができるかな? つまり、ケントが笑顔になるようなことをすればいいのだ。 「ケント、晩ごはん何が食べたい?」 「ハンバーグ」 「じゃー、ケントのためにおいしいハンバーグ、作る …
PAGE TOP